人生、一度しかないらしい。

人生1度しかないらしいので好きなことしかやらないと決めた。

学生免除の方法!年金の学生免除のやり方やメリットデメリット、追納制度について

学生免除とは

本来20歳になったら毎月年金の保険料を収めないといけないのですが、学生の間ならお金を収めるのを猶予、つまり待ってくれるよという制度です。

タイトルではガッツリ「学生免除」と書いているんですが、本当は「学生納付特例」といってお金を収める期間の猶予を与える という意味です。

一ヶ月の少ないバイト代から毎月お金なんて出せないよ!という私みたいな金欠学生にはなんとも優しい制度です。

f:id:wolo:20181105145059j:image

 

対象となる人

学生免除をするには条件が2つあります。

①大学、大学院、短大、高等学校、高等専門学校専修学校に在学している。

②免除を受けようとする年度の前の年の所得が「118万+(扶養親族の数)×38万」以下である。

以上2つに当てはまる人は学生免除の申請をすることができます。

 

申請できる期間

過去の期間 → 年金の申請書を受け取った月(20歳の誕生日の月)から2年1ヶ月前まで申請可能。

これからの期間 → その年の年度末(3月)まで申請可能。

※ただし1枚の申請書で申請できるのは4月から3月の12ヶ月間のみ。何年分かを同時に申請したい場合は、申請書が複数枚必要になります。

 

手続きの仕方

必要なもの

・学生免除の申請書

f:id:wolo:20181105151538j:image

自分の誕生日の月に日本年金機構から送られてくる封筒に入っている「国民年金保険料 学生納付特例の申請書」という書類 or 日本年金機構のホームページの申請書類をダウンロード、印刷し、基本的な個人情報、申請期間、学校名、在学予定期間、前の年の所得などの必要事項を記入します。

 

・学生書のコピーor在学証明書

・年金手帳のコピー

f:id:wolo:20181105154242j:image

年金手帳は申請書と一緒に送られてきます。名前が書いてあるページのコピーが必要です。

 

申請書の提出先

提出先はこの中の3つから選ぶことができます。

①住んでいるところの市役所、区役所、町村役場の国民年金担当窓口に行く

年金事務所(郵送も可!)

③学生納付特例事務法人(在学している学校にあれば可能。自分の学校にあるかはこちらを参考にしてください。)

年金事務所とは...年金や保険に関する届出の受付や保険料の徴収、相談の受け付けなどを行っている日本年金機構の窓口機関。47都道府県すべてに設置されています。近くの年金事務所を探すにはこちらを参考にしてください。

 

学生免除をすることのメリットデメリット

メリット

・免除期間があっても将来年金を受けとれる期間は変わらない

・免除期間中でも障害年金、遺族年金を受け取ることができる

学生免除の申請をしていれば免除期間中も支払い期間として扱われるので、万が一の事故などがあっても給付金を受け取ることができます。

 

デメリット

・免除をした期間があると免除せず全額払った場合と比べて、年金額が低くなる

ただし10年以内ならあとからその分のお金を収める(追納する)ことができます。

追納すればその分将来受け取れる額を増やすことができます。

 

ただし学生免除の承認を受けた期間の次の年から数えて3年度目以降に追納をする場合は経過期間に応じて加算額が上乗せされます。

算額は期間によって変わりますが、月額だいたい100円~200円程度です。

参考までに日本年金機構の近年の加算額はこちらになります。

f:id:wolo:20181105143158j:image

日本年金機構ホームページより

平成28 29年度は加算額はなかったようです。

 

以上が国民年金学生納付特例、通称「学生免除」の申請の仕方、メリットデメリット、追納制度などについてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 よかったら過去の記事もぜひ読んでいってください!
weonlyliveonce.hatenablog.com

weonlyliveonce.hatenablog.com

weonlyliveonce.hatenablog.com